Self strained packing technology

自己締め付けシール技術
Self-trained-technology
Self-trained-technology
シール摩耗のコントロール

シールは常に自動的に調整され、その耐用年数内の中で機能を保証します

より長い耐用年数

締めすぎによる摩耗の加速は起きません

使い方は簡単

何も考える必要はありません。弊社の技術が勝手に最適化をもたらします。

過酷な環境でのシーリング技術の革新技術

自己締め付けシール技術は、エアレス塗装現場で塗装作業者が直面する困難を解決するための真の「顧客の利益」となります。塗装作業者の主な問題の1つは、ポンプが生産を停止せずに塗装の役割を果たし、追加のコストをかけずに塗料を搬送する必要があることです。彼らが潤滑剤カップから漏れ始めた場合、それはスプレーガンを脈動させ、漏れている塗料を過剰に消費し、塗装環境のコンタミを加速します。次に、塗装業者はシーリング・カートリッジを締めつける必要があります。問題は、カートリッジが漏れないようにするために、どれくらいの頻度でカートリッジを締める必要があるかです。きつく締めすぎましたか?これらのアクションにより、カートリッジとピストンが破壊され、塗装作業が機能しなくなり、追加費用が発生する可能性があります。

弊社サメス・クレムリンでは自己締め付けシール技術はVパッキン・シール技術に基づいています。完全なシールを保証する基本機能を確保するために、絶えず圧力をかけて締める必要があります。これらの紛れもない利点はこれらの耐用年数です、それはこれらが着用されても、これらを締めることによってそれでもシールすることができるという事が重要です。

弊社の技術革新的な答えは、自己締め付けシール技術を備えたカートリッジの採用です。 この自動締め付けシール・システムを使用すると、常に自動調整されるため、お客様はシールを締める心配がありません。さらに、このシステムは一部の競合ポンプとは異なり塗料に浸されていないため、フラッシング操作中に誤って洗浄されたり、シール機能が低下したりするリスクがありません。